A women is worried and doctor

基本概念を知る

a woman regret

では今回はアフターピルという避妊薬がどのような薬になるのかという話をしましょう。基本的にアフターピルはセックスの後にすぐ飲むタイプの避妊薬となります。例えば一番一般的に知られているのは低用量ピルと呼ばれるタイプになるでしょう。こちらはアフターピルとはまったく違う使用方法になり、毎日必ず一錠ずつ服用し続けることが必要となります。服用を辞めるとすぐ妊娠できる体に戻ってしまうので、用法用量にかなり気をつけて飲まなければいけません。そういう意味で言うと、アフターピルの方が一番扱いやすいとも言えますね。アフターピルというのは、プロゲステロンと言われる女性ホルモンの作用がかなり影響し、アフターピルを服用するタイミングとして排卵前か排卵後かでも作用が異なってきます。ただどちらにしても、子宮内膜を剥がすことで受精卵の着床を防ぐ働きをしてくれるので、瞬時に避妊に成功するでしょう。ではここでアフターピルの主な種類について説明していきます。基本的には新旧二種類存在しており、新の方は72時間以内に一回服用することで妊娠を防ぐことが出来るようになり、旧の方は72時間以内に服用して、さらに12時間おきに二回服用することで妊娠を防ぐことが出来るようになります。どっちを選んでも良いですが、楽なのは間違いなく前者ですよね。ただし前者の方が実際に購入する時に必要になるお金が高くなってしまいがちなので、この辺はまさにお財布との相談になるでしょう。ちなみにアフターピルによる避妊成功確率は約80%と言われているのでご了承ください。